背中ニキビにお困りの方へ

トップページ go-wisp.com

にきびケア方法について若い頃は顔だけにできるものだと思っていたニキビが、大人になって
背中や二の腕などにもできるようになり、悩まされる人も増えています。

生活習慣の改善や市販の薬によるケアが有効的に作用する場合も
ありますが、やはり継続は大変ですし、それだけでは簡単に治らない
ニキビも多いため、悩みの種になりがちです。

背中にきびは、薬を使って治療することができます。
たいていの場合、赤くはれて炎症を起こしているため、
できるだけ早期の段階で適切な治療を行うことが大切です。

改善点

治療によっては、にきび跡が残ってしまうこともあるため、注意が必要です。
まず抗真菌剤というのが広く使われています。

背中にきびができる理由の多くは、カビであることが多いため、
この薬を使うことで治療できることが多いです。ニキビのケア

およそ2か月ほどで完治することが大半です。
また、抗生物質も比較的多く使われています。

これは背中にきびの原因となるものを根本から防ぐ目的で使われますが、
顔などにできるにきびに使われることが多いです。

レチノイド製剤は、背中にきびを根本から治すために、皮膚につかっているごみなどを一掃する役割があります。
いずれの薬も普通の店に売っていますが、購入する際には、専門家のアドバイスを仰ぐようにしましょう。

病院やクリニックでも受け取ることができます。

 

背中ニキビにも効果を発揮!抗真菌成分「ナイスタチン」ってなに?

治療によってはニキビ跡が残ってしまうこともありますが、正しく治療すればおよそ2ヵ月ほどで完治するのが大半です。
背中ニキビができる原因はカビであることが多いため、治療には真菌が育つのを妨害する抗真菌剤がよく使用されています。
背中ニキビの原因となる物質を根本から防ぐという意味では、抗生物質も多く使われています。抗生物質によるニキビの予防は、顔などにできるニキビの治療によく使用します。

ニキビ治療によく使われる抗生物質としては、ナイスタチンが挙げられます。
ポリエン系抗生物質の一つであるナイスタチンは細胞膜のエルゴステロールと結合して膜に小さな穴を作り、細胞内外の物質の流出および流入を引き起こすことで殺菌作用を発揮します。
主にカンジダの治療に利用されますが、局所的な使用ができるという点でニキビの薬にもよく利用されます。

ナイスタチンは皮膚についたごみなどを一掃する役割を持つレチノイド製剤と併せて使うことにより、背中ニキビを根本から治す効果が期待できます。
背中ニキビに有効な薬は、病院やクリニックで受け取ることができます。薬局やドラッグストアでも購入可能ですが、症状を専門家に相談したうえで、自分にあった薬を選ぶようにしましょう。